京都府向日市のひらいクリニックで妊娠中絶手術

Tel.075-921-0520

close

妊娠中絶手術Abortion

望まない妊娠で妊娠中絶手術を希望される場合、中絶ができる期間や手術方法、費用など、分からないことや不安なことがたくさんあるかと思います。そのようなことに対して、一つひとつ丁寧にご説明いたします。患者様の思いを尊重した選択ができるようサポートし、安心していただけるよう取り組んでいます。

中絶手術ができる期間は?

中絶手術ができる期間は?

妊娠中絶手術は妊娠22週まで

妊娠していることが分かったら、来院していただき、正常妊娠かを確認する検査を行います。検査では、赤ちゃんの心拍の確認や妊娠週数などを確認します。その後、妊娠中絶手術の希望がある場合、母子保護法により妊娠22週未満までが手術の対象となっており、満22週以降の手術は行うことができません。また、妊娠12週未満とそれ以降では手術方法が異なります。

手術の方法

妊娠12週未満 掻爬法または吸引法
妊娠12週~22週未満 人工的に陣痛を起こし中絶(入院が必要、基幹病院と連携)

※①妊娠中絶手術は保険が適用されません。
②12週以降の中絶手術を受けた場合、役所に死亡届の提出が必要になります。

掻爬法

器具を用いて、手動で子宮の中をかきだす方法。

吸引法

器具を子宮内に入れて、吸引する方法。

手術までの流れ

  • 1受診

    受診

    受診していただき、内診やエコー検査などで妊娠状態を確認します。手術を希望されている場合、手術の同意書などの手続きや説明を受けていただき、手術日を決定します。

  • 2手術前日

    手術前日

    妊娠12週未満:自宅での注意事項をご説明いたします。
    妊娠12週以降:基幹病院を紹介します。

  • 3手術日

    手術日

    妊娠12週未満の場合、掻爬術か吸引術で手術を行います。術後は麻酔がきれ、少し休んでいただいたら数時間で帰宅していただけます。妊娠12週以降の場合、人工的に陣痛を起こし、分娩形式で中絶を行うため、術後は、3日程度の入院が必要です。

※患者様によって、細かい流れや手術方法などが異なる場合があります。受診していただいた際に、詳細をご説明いたします。