京都府向日市のひらいクリニックの不妊相談・治療

Tel.075-921-0520

close

不妊相談・治療Fertility treatments

赤ちゃんが欲しいと思って、避妊を行わずに夫婦生活を送っていても、1年以上妊娠できない場合、「不妊症」と定義されます。現在、6組に1組が不妊で悩んでいるとも言われています。当院でも不妊相談や不妊治療を行っておりますので、分からないことや不安なことがあれば、一度ご相談ください。

不妊の原因は?

不妊の原因は?

不妊症の原因は、女性側に原因がある場合、男性側に原因がある場合、両方に原因がある場合、原因が不明な場合の4つに分けられます。女性側の原因は41%、男性側の原因は24%、男女ともに原因があるのは24%、原因不明な原因は11%といわれています。

女性側の原因

  • 排卵因子
  • 卵管因子
  • 頸管因子
  • 子宮因子
  • ホルモン異常
  • などその他

男性側の原因

  • 造精機能障害
  • 精路通過障害
  • 性機能障害
  • ホルモン異常

不妊検査について?

不妊検査について

女性側の検査

基礎体温 基礎体温を測ることで、排卵の有無や排卵日の予想をすることができます。
超音波検査 超音波検査により、子宮や卵巣の状態を確認します。他にも、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫などの病気を調べることもできます。毎周期、卵胞を計測して排卵を予測します。
子宮頚管粘膜検査
(適時)
子宮頚部から分泌される粘液を調べることで、排卵時期の判断や、卵巣機能を確認することができます。
卵管通気検査 炭酸ガスを注入して管が詰まっていないかなど、卵管の異常や癒着を確認する検査です。
ホルモン検査
(血液・尿)
血液中や尿中のホルモンを測定することで、排卵時期や排卵障害を起こしているホルモンを確認します。
フーナーテスト
(性交後試験)
(適時)
検査の前夜に性交を行い、頸管粘液を採取し、頸管内の精子の状態を確認します。

男性側の検査

精液検査 精子の状態を確認する検査で、精子の数や運動量、奇形率などを調べます。

不妊治療について

  • タイミング法

    タイミング法

    検査結果をもとに排卵日を予想し、排卵日に合わせて性交のタイミングを合わせる方法で、自然な妊娠に一番近い治療です。

  • 排卵誘発法

    排卵誘発法

    内服薬や注射などの排卵誘発剤を用いて卵子を発育させ排卵を促す方法で、基本的には排卵障害がある方に行いますが、正常に排卵している方も妊娠率の上昇が期待できます。

  • 人工授精

    人工授精

    排卵の時期に合わせて、子宮内に精液を注入する方法です。受精や着床からは自然妊娠と同じ流れで妊娠に至ります。

  • 体外受精(専門機関紹介)

    体外受精(専門機関紹介)

    卵子を採取し、体外で受精させた受精卵を子宮に戻す治療法です。タイミング療法や人工授精では妊娠できなかった方に行います。

  • 顕微授精(専門機関紹介)

    顕微授精(専門機関紹介)

    体外受精では受精するのを待ちますが、顕微授精では細いガラス針の先端に精子を入れて、顕微鏡で確認しながら卵子に注入します。